スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


継続が必要、被災者支援
カテゴリ: 未分類
2月4日
NPO花見山を守る会代表高橋真一さんのお話を聞きました

当日はチラシを見ました、という方々の参加もあり、質問・意見も活発に出ました。

IMG_1305.jpg


花見山はもともと生け花の花木農家が多く、観光地です。
高齢化が進む中で、下草刈りなど手が回らなくなり山が荒れだしたときに、
高橋さんはボランティアで下草刈りなど始め、「花見山を守る会」を長年続けてきたそうです。
3011年の震災に直面し、被害を免れた高橋さんは、その後は福島復興支援に全力で取り組んでいます。
花見山へ桜の木を植樹したり、広い畑を借りて農作物を育てたり、それを加工し販売。
避難者の交流、心のケアとなるふれあいサロンを開いたりしています。

また、震災孤児への支援に力を入れています。
災害で両親を亡くした子供は福島県で24名。その多くが祖父母に引き取られているそうです。
花見山を守る会では、未成人の子供たちに15万円を年2回、そのほかクリスマスプレゼントを毎年用意、
顔を見がてら、各家々を訪問しているそうです。(新潟県に住む人もいる)
昨年のプレゼントは子供たちの希望で学校で使う靴にしたとか。
サイズ、好みの合うものを用意する手間が大変だったと!
子供たちがとても喜んでくれるのが励みです。
一番小さな子が成人を迎えるまで、あと10年は続けます!と力強く話されました。

花見山を守る会は積極的にボランティア受け入れています。
花見山周辺整備、避難者の皆さんの健康・自立・雇用支援の一環としての農作業、
避難者の皆さんが少しでも前向きに生活できるような、紙芝居・マッサージなど
ボランティアはいつでも、短時間でも、よいのです。ぜひ、現地に来て、見てください!
☆  ☆  ☆
ボランティアを希望される方は、事前に一報くださいとのこと。
○花見山を守る会 ホームページ
http://hanamiyama8141.web.fc2.com/index.html



関連記事
2017.02.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
今このページに表示しているのは
  • スポンサーサイト
  • 継続が必要、被災者支援
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2017年02月15日 (水)
  • 01時19分21秒
スケジュールカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。